メニューを表示する
秋田県湯沢・横手で仏壇と墓石をお探しなら / 仏壇公正取引協議会会員

昨日は、お釈迦様の誕生日で花まつりでした。

昨日の予告通り今日は、身近にある素敵な言葉を

取り上げたいと思います。

今回の花まつりにちなんだものでいえば「世界に一つだけの花」

の歌詞になります。

『ナンバーワンにならなくてもいい、

もともと特別なオンリーワン』

当たり前のことかもしれませんが、大切な言葉ですよね。

昨日、取り上げたお釈迦様の唱えられた「天上天下唯我独尊」の

意味と共通している点も多いと思いますよね。

こういった素敵な言葉も取り上げていたいと考えています。

 

今日は、お釈迦様の誕生日です。

そして、生誕祭『花まつり』当日になります。

本日は、昨日の予告通り、お釈迦様が生まれた際に唱えられた

言葉について取り上げていきます。

お釈迦様は、生まれてすぐに東西南北、それぞれに7歩ずつ

歩かれて立ち止まり、右手で天、左手で地を指し、

「天上天下唯我独尊」と唱えられました。

この『天上天下唯我独尊』という言葉の意味としては、

「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」

分かりやすくすると「人はみな平等、それぞれ価値ある存在」

となります。漢字だけ見ると仰々しい硬いイメージですが、

その意味として、人間として当たり前の考えかもしれませんが

シンプルでわかりやすい素敵な内容だと思います。

 

ここでなぜ七歩あるかれたのかについて触れておきます。

6は六道、1は1歩出ること(出離)を意味して、

悩み多い世界から幸せな世界を迎えることになります。

六道とは、地極道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道

の世界になります。

 

明日は、身の回りにある素敵な言葉を一つご紹介したいと

思います。

明日4月8日は、花まつりです。

このまつりは、「お釈迦様の誕生を祝う」行事になります。

お釈迦様の母、マーヤー夫人がハンビニー園の花園で突然産気に

おそわれて出産されました。この時、花園の花が満開であったこと

から「花まつり」の由来となりました。

花まつりで行われることは、お釈迦様の像に甘茶をかけて

お祝いします。

なぜ甘茶をかけるかというと、お釈迦様が生まれる時に

うぶ湯の為に、天に9匹の龍が現れて甘露の雨が降ったことに

由来されています。

何事にも意味、その由来はあるものです。

由来を知っていると新たな視点から物事を見られる

キッカケになると思います。

仏事、供養を通してそういったことを伝えられることを

私たちは行っていきたいです。

明日は、お釈迦様が生まれてすぐに唱えられた言葉について

取り上げます。

お彼岸は知っていますが、この言葉の意味について考えてみることはなかなかないと思います。

今回は、その意味についてお話したいと思います。

「彼岸」という言葉は、そもそも仏教の言葉として存在しておりました。

意味は、煩悩(悩み、欲求、誘惑等)を脱した悟りの境地のことを指しています。

そのため煩悩を脱して悟りの境地に達するための修行を行う機会にもなります。

春のお彼岸、秋のお彼岸の中日には、太陽が真東から登って、真西へ沈んでいきます。

沈みゆく太陽を拝むことは、西にあるとされる極楽浄土に向かって拝むこととなります。

お彼岸は、私たちの住む世界とご先祖様の住む世界が一年で一番近づく日でもあり

大切な方との距離が近くなって思いが伝わりやすくなるといわれています。

みなさまも自分のルーツであるご先祖様に感謝を伝えることはもちろん、

この機会に、4月からの新たなスタートを気持ちよく切るための新しい習慣を身に付ける

きっかけにもなるのではないかと思っております。

今年のお彼岸がみなさまにとって、素晴らしい行事になることをお祈りします。

 

晴れの日が続き、ポカポカした陽気で春らしい心地よさを感じられる季節になってきましたね!

今年の冬は、雪が降るまでは暖冬だと思っていましたが、例年通り雪が降り積もり、除雪に追われる日々を過ごしました。

今は、雪も溶けてきて太陽の光を浴びれることが幸せに感じられます!

 

3月に入りましたので、今回は、今年の春彼岸の日取りについてご連絡します。

今年度は、

彼岸の入りが、3月18日(月)

中日【春分の日】が、3月21日(木)

彼岸の明けが、3月24日(日)

となります。

 

今年は、雪溶けが例年よりも進んでいることから雪に埋もれていしまっていたお墓も姿を現している墓地に見受けられます。

彼岸の執り行いは、地域、宗派によって異なりますが、ご自宅の仏壇だけでなく、お寺、墓に行って先祖への感謝の気持ちを伝える大切な仏事です。

余談になりますが、

他の人に感謝することを考える、伝えることで、自分の中にあった相手への想いを知ること、気付くことができます。

私の場合、その時、自身の気持ちも和らいで幸福感が満たされていく感覚を感じられました。

このようなことを意識して執り行うと仏に関する行事を別の視点から捉えられますよね。

皆様にとっていいお彼岸を迎えられることを祈っています。

 

仏壇、墓石、供養に関することは、もちろん、それ以外のお悩みについてもご相談下さい。

お困りごとのの解決策についてのアドバイス、私たちのネットワークでサポートできる専門家をご紹介します。

先日、食品加工工場にて高圧洗浄作業を実施してきました。

今回は、加工工場内のコンクリートの床面を洗浄しました。

工場の職員様にて定期的に清掃は行われていましたが、落としきれない部分に汚れが蓄積されておりました。

お客様は、この汚れの除去について諦めていたそうです。

建物を建てられて約40年ということでした。40年分の汚れを今回は1日かけて洗浄させていただきました。

コンクリートに付着していた藻も温水の高圧洗浄で一瞬にしてきれいになりました。

施工完了後、お客様に確認していただいたところ、想像以上だった為、大変喜んでいただくことができました。

特殊高圧洗浄で洗浄できる対象は、多岐にわたります。

これからたくさんの現場で活躍できるように我々も日々精進していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

施工前                施工後

     

施工前                施工後

     

 

特殊高圧洗浄工法の「エコロビーム」のサービスを今年4月より開始させていただきました。

墓石、コンクリートなど長年外に外に設置されているものは、必然的に汚れてしまします。

水アカ、カビ等でだんだんと汚れが蓄積されていき、黒ずみます。

そのような汚れは、人の手作業で落とそうとしても簡単には、落ちません。時間と体力を費やしても効果がありません。かといって、墓石を薬品を使用して洗うと、洗い流した際にご先祖様が眠っているところに薬剤を流れいってしう為、気分的にも環境にもいいことではありませんよね。

こんな時、我々の提供する「エコロビーム」を使用してください。

エコロビームは、従来の高圧洗浄とは違います。

水ではなく、「お湯」を発射します。お湯では、落としきれない汚れについては、お湯の中に「重曹」を混ぜて同時に発射し、お湯と重曹のスクラブ効果で頑固な汚れを落としていきます。

こちらの施工写真をご覧ください。

洗浄前のコンクリートの壁

洗浄後のコンクリートの壁

この汚れは約15年間、蓄積されてたものですが5分で落とすことが出来ました。

「エコロビーム」は秋田県で、当店が唯一の取扱店となります。

墓石、コンクリの汚れ、落書き等様々な汚れでお困りのお客様、気軽にご相談下さい。

 

 

 

澄んだ音色の余韻が心地よく続く、グッドデザイン賞受賞仏具

「たまゆらりん」

こちらの商品に蝶の蒔絵が施された商品が新たに入荷いたしました。

蝶は、古くから亡き人の魂や精霊を浄土に導く伝えられています。

たまゆらりんは、金物仏具の産地としても歴史のある、富山県高岡市にて制作されました。高度な技術で制作されているため、美しい音色を響かせます。

りんの隣に寄り添うカリンのリン棒。先端に重りを内蔵するとこにより倒れても起き上がる自立型のリンとなってます。重りを内蔵しているおかげで少しの力でも大きな音が出ます。

たまゆらりんは、お持ちのお仏壇に合わせやすいリンです。

実際に鳴らした動画を添付しているので、澄んだ音色と鳴らした後のリンのかわいらしい動きに癒されてください。

サイズ

りん本体 高さ5.4cm 直径5.5cm

りん棒 高さ7cm 直径2cm

 

 

動画

お彼岸の食べ物といえば、「ぼたもち」と「おはぎ」です。

「ぼたもち」「おはぎ」はもち米などを炊いて、つぶしたものを丸めてからあんこやきな粉で包むというものです。

それぞれの名前を漢字に変換すると「ぼたもち」は、「牡丹餅」。「おはぎ」は「お萩」となります。

これは、春彼岸の頃には「牡丹」の花が咲き、秋彼岸の頃には「萩」の花が咲くことに由来しています。

「ぼたもち」と「おはぎ」は同じ食べ物ですが、食べられる季節によって呼ばれ方が変わったのです。

お家にお仏壇がある場合には、お仏壇、お仏具をお手入れしていただいた後、おはぎや季節の果実をお供えしましょう。

今年のお彼岸の入りは明後日の18日です。

お彼岸の期間に入ったら何を行うのか簡単にお話させていただきます。

大切なことは、お仏壇、お仏具、お墓を掃除しましょう。

普段よりも時間をかけて、丁寧にお手入れしましょう。

お彼岸の期間中、お墓参りの日程は決まっているわけではありません。ここ県南地区では、まだお墓が雪に埋もれている所も多数ございます。

お墓参りに行かれる際に、お墓の上に積もった雪が残っていることがあります。その部分は滑りやすくなっており危険です。お気をつけください。

お墓もお仏壇と同様に丁寧にお手入れしてお祈りを捧げ、ご先祖様を改めて感じられる時間を大切にしましょう。